坐骨神経痛を運動で軽減したい場合、何をすればいいのか?

坐骨神経痛を予防するためには運動が良いと
聞いたことがある方もいらっしゃると
思いますが、

果たしてどんな運動が良いのか?

歩く?走る?水泳?

今回は坐骨神経痛の予防のために必要な
運動について
お話させていただきます(^-^)
神戸市須磨区はくの接骨院 腰とお尻の痛み

運動で予防できない坐骨神経痛

いきなりですが、正直言いまして
運動しただけは予防できないどころか
悪化する
坐骨神経痛もあります。

椎間板ヘルニアの急性期や
脊柱管狭窄症・腰椎変形症など
骨の異常による場合は、

痛みが強い時と、そうでない時とに
分かれると思います。

特に椎間板ヘルニアのなりたての頃は
神経が腫れあがっている状態になっている
場合もあり(私がそうでした)

そんな時に運動しても余計なところに
力が入ってしまい
かえって悪化させる
可能性が大いに考えられます。

坐骨神経痛をもたらす梨状筋症候群

坐骨神経痛は骨による影響だけではなく
梨状筋症候群という疾患が原因になることもあります。

梨状筋症候群というのは、お尻にある梨状筋という
筋肉が
坐骨神経を圧迫してしまう状態のことをいいます。
神戸市須磨区はくの接骨院 坐骨神経痛

画像引用元:http://youtuu-meii.com/specific/%E6%A2%A8%E7%8A%B6%E7%AD%8B%E7%97%87%E5%80%99%E7%BE%A4

つまり、それは骨ではなく筋肉なんですね。
筋肉ということは、動きがあるし、動きを
出すことで
柔軟さが出せるわけです。

最近ではテレビの【ためしてガッテン】でも
紹介されていたそうですが、梨状筋というのは
働きとして股関節を外旋させる働きがあります。

股関節外旋というのは、足を伸ばした状態で
両足の踵を付ける動きです。
神戸市須磨区はくの接骨院 腰痛治療

まとめ

以上のことから、梨状筋症候群のように
筋肉によって引き起こされている坐骨神経痛
股関節の外旋運動が有効ですが、

体の筋肉の7割は下半身にあると言われている
ことから考えると
ウォーキングやランニングなど
下半身をしっかり使う運動が向いていると
考えることができます。

神戸市はくの接骨院では治療の中に、そういった
運動も取り入れていますし
坐骨神経痛の治療だけ
ではなく予防も
させていただきます。

お尻から足にかけての痛み・しびれでお困りの方は
是非一度ご相談下さい(^-^)

※冒頭に書いた歩く・走る・水泳も、体内の
循環活性効果があり
症状の予防・改善を期待できますが、
くれぐれも痛みが強い状態で無理して
しないようにしましょう。

神戸市はくの接骨院には須磨区だけではなく
垂水区・北区・長田区・西区・明石市からも
患者さんがいらっしゃいます。

全力で治療に当たらせていただきますので
痛みを諦めずに是非一度お越し下さい(^-^)