私が椎間板ヘルニアの腰痛を克服した方法

2019年12月7日

椎間板ヘルニアと聞くと
どんなイメージをされるでしょうか?

痛そう?
治らない?
手術が必要?

私自身、過去に
椎間板ヘルニアだと診断された
ことがありますが
(しかも2か所)

その時は正直
「終わった・・・」と
思いました。

これからの人生、ずっと
腰に爆弾抱えていくのか・・
と絶望しました。

 

それから、14年も経ちましたが
今はほとんど椎間板ヘルニア
腰痛で困ることはありません。

当然、手術もしていませんし
かかりつけの医師がいるわけでも
ありません。

ヘルニアだということを
思い出すこともありません。

 

もしここを読んでいる方で
椎間板ヘルニアがあり腰痛に
困り続けているという方は
全く諦める必要はありません。

 

痛みとはお別れできます。

今回、私の実体験を元に
どうやって椎間板ヘルニアの腰痛を
克服したか?
そして今も腰痛では困っていないか?

ということについて
書いていきたいと思います。

 

ヘルニアだけでなく、腰痛の方には
通ずる話だと思います。

あなたの腰痛の不安解消のきっかけに
なりますように。

椎間板ヘルニアはぎっくり腰から始まっていた

私は現在42歳になりますが、
20代の中頃からちょくちょく
ぎっくり腰になっていました。

急にかがんでぎっくり腰

長時間フローリングに座っていて
立とうとした瞬間にぎっくり腰

マッサージを受けてから
ずっと痛みがあり数日後ぎっくり腰

 

本当に綺麗にグキ!!っときたのは
かがんだ瞬間のぎっくり腰ですが

とにかく痛みで歩けない・動くのが大変
トイレまではって行かないといけない

そういったことは何度となく
ありました。

 

ぎっくり腰というのは
腰の捻挫だと言われており、

ほとんどの場合、腰の筋肉の
過緊張があります。

また、腰だけでなく全身の
筋疲労・筋肉の硬さがあるのも
特徴です。

 

いきなり何もせず
ぎっくり腰になることはありません。

本人からしたらわずかな動き
かもしれませんが、それだけ元の
体の状態が悪い(筋肉の硬さ・動きの
悪さがある)ことで

本当に、ちょっとのきっかけで
なります。

本人の自覚がない状態で
いきなりなったりするので
余計にパニックになってしまう方も
多くいらっしゃいます。

 

イメージとして重い荷物を持ち上げようと
した際にぎっくり腰になることを
想像する方も多いとは思いますが
決してそれだけではありません。

 

要は「〇〇をしてぎっくり腰になった」
というよりも
「ぎっくり腰になる身体の状態だった」
ということです。

 

私も何度かぎっくり腰を繰り返すうちに
徐々に
「前回なった時よりも
治るのが遅くなっている・・・?」

 

と気づき始めました。

 

椎間板ヘルニアだと診断される

28歳の時、またぎっくり腰になり
痛みの感じで「これは今までとは違う」と
思いました。

立つことも歩くことも必死でした。
トイレはほふく前進で行ってました。
当然、仕事も行けません。
(結局、1か月休ませてもらいました)

 

数日そんな日が続き、  
多少歩けるようになってから

整形外科
整骨院
鍼灸院
マッサージ
カイロプラクティック

とにかく藁にも縋る思いで
思いつくとこ全部行きました。

 

起きている間も寝ている間も
お尻から足までが燃えるように
熱く痛く、座薬でしのいでました。

 

今にして思えば、
ヘルニアの急性期(なりたて)だった
こともあり、神経も相当腫れていたので
何をしても効果がなかったのは
しょうがなかったと思います。

 

整形外科の紹介でMRIを撮りに行き
あっさりと「ヘルニアですね」
と言われました。

椎間板ヘルニアだと診断されてから・・・

椎間板ヘルニア・・・

MRIを見ながらあっさりと
言われてしまいました。

しかも2か所。
しかも圧迫されている(?)神経が
驚くほど腫れあがっている。

その時、やや痛みは改善していた
ものの立っている状態が
10分以上続くとお尻~足全体が
痛くなってきていたため、
外出することが恐怖でした。

そして医師からの恐怖のお言葉
「このまま治らなかったら
手術しかないよ」

これは後からわかったこと
ですが、整形外科などの
医師を頼った場合、

治療は湿布・注射などの薬か
手術かしかありません。

 

その時でさえ仕事を休み
続けていた最中だったことも
あり

「手術なんか絶対嫌だ!!」
と思った私が取った行動とは・・・

 

私はこうしてヘルニアの痛みとお別れしました

医師から
「薬が効かなかったら
手術しかないよ」と
言われた私は・・・

整形外科
整骨院
鍼灸院
マッサージ
カイロプラクティック

どれに行っても大きな
変化を感じれなかった自分は・・・

 

「自分でなんとかするしかないな」

など、無謀も無謀ですが
そう思いました。

誰も頼れない。
なら、自分で!!と。

 

それだけ追い込まれていた
ような気がします。

 

その時、自分が出来なかったことは
10分以上立っていられないこと
から来る、歩くことでした。

歩いてる途中で痛くなってきたら
どうすんだ?

と思うと、怖くてあるけませんでした。

 

私はまず、それを克服しようと
思いました。

まず、歩いてみようと。

10分以内なら歩けているから
その時間を少しづつ伸ばしてみようと。

 

そこで、まず家から5分の
近所の公園に行き歩いてみました。

 

恐る恐る・・・ゆっくりゆっくり・・・

1周15分程かけて、

 

1回目で歩けました。

家と公園の往復と
公園1周、30分弱ですが。

 

ほんとに、どないやねん!!
という感じですが、

歩けてしまったんです。

 

翌日、同じように歩けたら
仕事復帰しようと決め、

また歩きました。

 

歩けました。

 

仕事復帰しました。

1か月ぶりだったので
復帰した翌日は両脚が
筋肉痛になりましたが・・・

 

「嘘つけ!」と思われるかも
しれませんが、これが私が
ヘルニアを克服した方法です。

 

”歩いただけ”です。

 

当然ながら、ヘルニアの
急性期(なりたて)に
同じ方法は通用しないと思いますが、

急性期を越えた痛みを
治すのに、動くと言うことは
不可欠です。

 

私は身をもってそれを
体感しました。

 

痛みに、何故動くことが
重要なのかはこちらをどうぞ

関連記事  腰痛改善のため、あなたが身体を動かすべき理由

 

ヘルニア腰痛を”治す”ということ

実は椎間板ヘルニアには
意外なデータがあります。

ヘルニアの状態と
腰の痛みは関係ない

という話や

痛みはなくとも
70~80%の人が
ヘルニアになっている

ということ、

手術して治った人も
治らなかった人もいる

ということ。

 

つまりですね、もう2019年にも
なりましたけど

 

未だにその痛みの原因はこれ!!
というのがはっきりと
わかっていないんですね。

まだまだ諸説の段階なんですよ。

確かに、私の腰はMRIで
見たところ2か所でヘルニアに
なっており、

腰~足にかけて燃えるような
痛みがありましたが・・・

 

しかし今までも接骨院という
現場で患者さんと接していて
実際に、
ヘルニアで手術を
されてまた痛みが出た
という
人を何人も知っています。

そして、実際私は手術をせずに
歩いたことで痛みを解消しました。

 

ということを考えると
ヘルニアを治すということは
腰だけ、ヘルニアになった
部分だけを見ていては
いけないんだ

という答えになります。

それが私の経験談と
体験談を踏まえていきついた
答えです。

 

じゃあ、具体的に
椎間板ヘルニアに腰に痛みがある
人はどうしたらいいんだ?

という話はいくつかの
記事で書いていますので
是非、参考にしていただければ
と思います。

関連記事  ぎっくり腰とヘルニア腰痛の常連だった私が腰痛防止のためにしたこと
関連記事  椎間板ヘルニアで手術が最良の策とは言えない理由
関連記事  椎間板ヘルニア=腰痛とは言い切れないこれだけの理由