腰痛で腰をトントン叩いて痛みは解消される?

2019年12月7日

腰痛の人で痛む場所をトントン
叩く人、見かけたことありませんか?

見かけたどころか既にやっている!
という人もいるかもしれませんが。

それって、効果あるのでしょうか?
と、患者さんに聞かれたので
真面目に考えてみました。

腰痛で腰を叩く・・・なんで?

自分で書いておきながら

なんで?

と、言われても・・・(^^;

 

これはもう、肩こりでマッサージ
するのと同じではないかと
思います。

昭和っぽいかもしれませんが
おばあちゃんをの肩たたき
する孫、みたいなの想像できますか?

画像引用元:世界の民謡

(まさにイメージ通りの画像が
見つかり少しテンション上がりました)

 

で、これって何をしているか
というと肩(特に僧帽筋という筋肉)
の筋肉をほぐすのもありますが
叩くことで筋肉の持つ血液を
運ぶポンプ作用を促している

いうのが正解だと思います。

 

ということでですね、
腰痛で腰を叩くのもこれと
同じような効果があるという
ことで、効果があるという
答えが出ます。

 

・・・・終わってしまいました。

ただ、人によっては
めちゃくちゃ叩く人が
いるんですね。
回数も強さも。

その結果筋肉の繊維を
破壊してしまうのは危険
なのでそこは気を付けましょう。

筋肉を叩くことで得られる意外な効果

今回のブログは実はここからが
本題です。

痛い場所を叩くというのは
割と無意識にしてたり
癖になっている人も多い
かもしれませんが、

実はそれ以外にも
効果があります。

ストレッチで叩く効果

ストレッチをする意味というのは
筋肉を柔軟にし、関節の動きを
出していくことですが、

当然ながらやり方によって
伸ばす筋肉も変わってきます。

その際に、自分が伸ばしたい
場所をトントンと叩くことで

叩かれた場所が
「ここを伸ばすんだな」と
認識してより効果が上がる
という実験結果が認められています。

 

生き物かよ!!と思いますが
まぁ、生き物っちゃあ生き物
ですよねぇ。

 

ちなみに、筋トレでも叩く
のに効果が?
と思われる方がいるかも
しれませんが、これは効果は
実証されていません。

下手すりゃ大けがしてしまい
ますので気を付けましょう。

まとめ

今回は腰痛で腰を叩く・・
特に筋肉を叩くことで
得られる効果について
説明させていただきました。

言うなれば、痛む場所への
処置という意味では湿布や
注射などと同じかも
しれません。

 

それ自体を否定するつもりは
ありませんが、やはり痛くなった
ことには必ず原因がありますので
須磨区鷹取はくの接骨院では
その原因に対して改善していく
という施術を提供させて
いただいております。

しつこい痛み
整形外科・他の整骨院で
改善しない痛みでお困りなら
是非一度ご相談下さいね(^-^)

 

 

関連記事  腰痛がいつまで経っても治らない方に試していただきたいこと