【腰痛予防】初心者でも簡単に出来る筋トレまとめ【動画あり】

筋トレで腰痛は防げるか?

というと、正直それだけでは
難しいという方もいれば
筋トレで防げる腰痛も確実にある

という煮え切らない答えに
なってしまうわけですが・・・

 

筋肉トレーニングの効果というのは
本当に多岐に渡りまして、

少なくとも腰痛の方だけでなく
誰にとっても、
”絶対に言えるのはやらないより

やった方がいい”

ということです。

 

百害あって一利なしの逆といいますか。

Right Caption

逆たばこみたいな?
Left Caption

院長

え、うん、たぶん
そこで、2020年になり、今年は勝手に
【再びYoutubeに動画を挙げまくる】
決めましたので、筋トレとストレッチ動画を
量産していこうと思っており、
 
動画先行で、このブログでそのまとめを
紹介させていただきたいと思っております。
 
Right Caption

なんか、楽してる感・・・
Left Caption

院長

ギクッ

腰痛予防のための筋トレまとめ

骨の変形や内臓疾患ではない
腰痛の場合、姿勢や身体のバランスの
悪さが筋肉に及ぼす悪影響になり
腰痛が出るケースが多々あります。

 

腰痛を引き起こしたくないのであれば
体そのものの安定感が必要不可欠なわけですね。

そのためには、まず下半身です。

下半身・・・特に骨盤~背骨周囲の
不安定さ・アンバランスさが腰痛の
発症原因にもあります。

腰痛予防筋トレ その①ハーフスクワット

スクワットはもう、全人類に必要な
トレーニングであるのは間違いないのですが

それまで全くトレーニングをしていなかった
人がいきなり無理してやろうとすると簡単に
挫折しかねません。

そこで今回は、あまりトレーニングに慣れていない
方でもやりやすいハーフスクワットのご紹介です。

①両脚を肩幅ぐらいに開き、3秒かけて
足を曲げていく。膝の角度が45度ぐらいまで。

②その状態で約7秒キープする。

③①~②を繰り返す

※注意点
・回数・時間ともに「ちょっとしんどいぐらい」でやるようにする
・慣れてくればよりゆっくり時間をかけた方がより効果が高まる

腰痛予防筋トレ その②レッグリフト

レッグリフトは、レッグ(脚)リフト(上げ下げ)という
意味ですので、一見腰痛に関係ないように
感じるかもしれませんが、足を90度以上曲げる時に
腸腰筋という筋肉を使います。

腸腰筋というのは腰痛の方にとって非常に
重要な筋肉であり、ぎっくり腰になる方で腸腰筋に
問題がある方は本当に多いです。

これもスクワット同様に、
まずは無理なく出来る範囲内で行いましょう。

片足で立っているのだけでも精一杯な方は
まず片足で膝を抱えるだけでも立っている側の
足のトレーニングにもなりますよ。

腰痛予防筋トレ その③腹筋

腹筋トレーニングは体幹を鍛えるという意味で
腰痛予防になりえますが、ただ上半身を前方に
起こしていく腹筋トレーニングの場合、逆に
腰を痛めてしまう可能性があります。

そこで、今回紹介しているトレーニングは
腰に負担なく行うことができますので、
腰に不安がある方にもオススメです。

腰痛予防筋トレ その④体幹トレーニング

このトレーニングはね、良いんですよ。
Right Caption

何が良いの?
筋トレとストレッチが同時に行える
だけでなく、左右を伸ばしていくので
左右のアンバランスも整います。
しかも立ったままできるし場所を選びません。
(街中ではできませんけど・・・)
 
パッと見、あまり筋トレにはならなそうですが
当院で患者さんと一緒にやり、筋肉痛になった
方もいたので効果は保証済みです。
 

まとめ

今回紹介させていただいたトレーニングは
どれも比較的「筋トレとかしたことないし」という
初心者の方向けの内容になっています。

当たり前ですが、筋トレは継続しなければ
効果を感じることが難しい
です。

継続を阻止してしまうのは
「やらないといけない。でも、しんどい」
という心身両方への大きな負荷だと思います。

まず最初は、本当に少ない回数で良いので
やり続けてみてください。

健康な肉体は一日にしてならずです。

 

わかってるけど出来ない~という方は
どうぞはくの接骨院にお越し下さい。

当院では患者さん一人一人に必要な
トレーニングをさせていただきます。
私も一緒にやります(^-^)

関連記事  あなたの肩こりが病院で改善されない理由