初心者にもオススメな腰痛予防・老化予防も出来るスクワットのやり方

今回ご紹介するのはハーフスクワットです。
単純にスクワットの半分という意味ですが、
これによって腰痛予防だけでなく老化予防にも
なるので是非、実践してみて下さい。

このトレーニングを絶対やってみて欲しい人
・慢性的な腰痛をなんとかしたい
・老後も元気なままでいたいと思っている
・ついでに痩せたいとも思っている

ハーフスクワットのやり方

①肩幅よりやや広めに立つ
②3秒かけて足を45度曲げていきそのまま
7秒キープ
これを繰り返す
※回数はまずご自身の出来る範囲内で
行って下さい。
ゆっくりやるとより効かせることができます。

動画での解説はこちら

 

このトレーニングで得られる効果

腰痛予防
下半身の大腿四頭筋だけでなく腸腰筋という
腰のインナーマッスルのトレーニング効果も
あります。
腸腰筋はぎっくり腰にも関係が深い筋肉です。

老化防止
体の筋肉の実に7割が下半身にあると
言われており、年齢と共に劣化していくのも
下半身の筋肉からになります。
スクワットによって鍛えられる太ももの筋肉は
体の中でも大きく分厚い筋肉なので鍛えることで
体内の血流改善・脳への刺激(認知症予防)
・歩行時の安定性が得られます。

ダイエット効果
先述した通り、太ももの筋肉を鍛えることに
よって全身の血流改善効果、新陳代謝の活性が
見込めます。
スクワットだけで痩せるのは難しいですが
太りにくい体へ変えることはできます。

 

関連記事  低反発マットレスで腰痛になりますか?はい、なります。