【腰痛ストレッチ】身体を反った時の痛みを根本から改善させる方法

今回は体を反った時に痛みが発生
してしまう腰痛を根本から改善
させるストレッチをご紹介します。

実際のストレッチのやり方

痛みが強い人向けのストレッチ

①うつ伏せになり、その時にタオルや
クッションを伸ばす側の太ももの
下に置く

②伸ばしたい側の足を頭方に向かって曲げ
それを同側の手でひっぱる

③そのまま足を自分のお尻に付くように
曲げていく
(伸びている感じがあれば無理をして
お尻に付けなくてもオッケー)

④伸ばせるところまで伸ばした状態で
20∼30秒キープ

画像1

反対側も同様に行う

「これでは物足りない!」
という場合は反対の手で足をひっぱり
体を捻るように曲げていきます。

画像2

それによってより効かせることができます。

痛みが軽度な方向けのストレッチ

①座った状態で後ろに両手をつき
伸ばしたい側の足を外に折り曲げる

②そのまま重心を後ろに移動するように
背中を後ろに倒していく
(この際、目線は上ではなくおへそを
見るようにする)

③そこで20∼30秒キープ

画像3

これも無理のない範囲で行いましょう。
いける人はそのまま仰向けに寝た状態に
なるまで体を後ろまで倒してオッケーです。

腰を反った時に痛みが出る理由

体を後ろに反る動きというのは
背骨と股関節により行われますが
その割合が股関節8:背骨2だと考えられています。

股関節が8割なので、股関節の動きが
悪いと他の場所へ負荷がかかるという
ことですね。

では、股関節の動きがなぜ悪くなるのか?

というと、股関節の前に付いている
大腿四頭筋という筋肉の緊張・短縮
が考えられます。

筋肉が固くなる=緊張・短縮をおこすと
付着している部分が引っ張られてしまう
わけですね。

大腿四頭筋が引っ張られるということは
股関節も前方に引っ張られる力が
加わっているということで、それが
原因で股関節の動きの悪さが生まれます。

体を反った時の痛みへの対策

原因が大腿四頭筋の緊張・短縮なので
その筋肉の緊張・短縮を取るためには
やはりその筋肉に柔軟性を出してあげる
ことが必要です。

それにはやはり、自分で出来ることとしては
ストレッチやお風呂で温めることが
有効です。

運動不足の方はウォーキングもオススメです。

動画での解説はこちら↓

 

関連記事  寝違えで整骨院に行き、余計に痛みが悪化した友人の話