朝起きた時の腰痛をたった1分で改善させる方法がこちら

朝起きた時に「腰が痛い」という方の
改善ストレッチをご紹介します。

この記事はこんな方にオススメです。
・夜はマシなのに朝起きると腰が痛い
・腰痛のストレッチを知りたい
・短時間で出来るストレッチを知りたい

具体的なストレッチのやり方

①正座をした状態で前に手を伸ばす
と同時に体を前に倒す

②腕を伸ばしきったらその状態で
20秒キープする
(その状態で脱力します。また、出来る範囲内で
行いましょう)

画像1

③次は斜め左に徐々に体の向きを
変えていく。これにより背中とわき腹を
伸ばす効果があり。
そこで20秒キープ

④右側も同様に行う

⑤手の位置を真ん中に戻してお尻を
振ると背中と腰をより緩めることができる

動画での解説がこちら

このストレッチが朝起き腰痛に有効な理由

寝ている間は、当然身体の動きも少なく
筋肉の固さが生まれやすい状態です。

特に普段から筋肉が固いという人は
より固さが強くなり痛みが出やすいと
言えます。

腰痛のストレッチも様々あり、
このストレッチよりも負荷の強いものも
ありますが、今回ご紹介したストレッチは
比較的ゆるく背中全体を伸ばすことができます。

朝起きて体が硬い状態で負荷の強い
ストレッチをすることで逆に痛みを引き起こす
可能性がある
ため、今回はやや緩めの
こちらのストレッチのやり方を解説させて
いただきました。

やっていただけるとわかると思いますが
このストレッチは背中~お尻まで
伸ばせることができます。

ずっと体重がかかる寝ている間に
固まりやすい背中~お尻を緩めるのに
有効です。是非、お試し下さい!

関連記事  歩くと膝が痛い時、あなたが最初にすべきこと