【首の痛み】恐怖のデスクワーク症候群とは?原因と解決策も

2020年4月16日

首の痛みでデスクワーク症候群
というのがあるそうです。

何でもかんでも名前付けやがって
このスットコドッコイ!

なんてうっすら思いますが・・

スマホ病なんかもそうですが
そういう名前がつくと怖さ
倍増と言いますか、気にする
人は本当に気にするので
やめてもらえませんかね。

これがメジャーになると
「え、私もしかしてデスクワーク症候群
なの?怖い!!」みたいなね。

しかし、気になるので
調べてみました。(単純)

首の痛みをもたらすデスクワーク症候群とは?

デスクワーク症候群とは、
デスクワークをされている方に
起こり得る症状です(当たり前だ)

その主な原因になっているのが
うつむき姿勢だと言われています。

 

うつむき姿勢・・・
これの何が問題なのかと言うと
人間の頭の重さです。

人間の頭は大体その人の体重の
10分の1程あると言われており
体重が60kgの人だと6kgの
重さになります。

うつむき姿勢であるということは
その6kgもある頭を身体が
ずーーっと落ちないように
踏ん張り続けているわけですね。

いや、そりゃ普通落ちないですけど(^^;

落ちないように踏ん張る・・・
当然首の後ろ~肩甲骨あたりまでの
筋肉には負担がかかり続けてしまい
筋肉の過緊張を生んでしまい、
その結果痛みが発生します。

更にたとえば30度うつむくという
ことは、その重さの2~3倍の負荷
かかってしまいます。

ということは、6kgだとしても
12~18kgということで

それってつまり、幼児1人を
常に肩車しているような状態と
変わらないわけですね。

 

肩車しながらデスクワークしてるぅ??

いやいや、負担かかりすぎじゃないですか(-_-)

まだまだあるデスクワーク症候群の症状とは?

うつむき姿勢の体への影響は
首の痛みだけにとどまりません。

首をうつむきで曲げて長時間
いるということは、
首の骨も同じ方向にずっと
曲がったまま
ということです。

その結果、頸椎(首の骨)の
間が狭くなったり神経を
圧迫することで、頭痛やめまい
耳鳴りやイライラまで引き起こし

それこそが
デスクワーク症候群と呼ばれるもの
であります。

首の痛みが最初の段階として
それを放置することで更なる
二次被害、三次被害へと
繋がってしまうわけですね。

Right Caption

ガクガクブルブル
Left Caption

院長

猫は大丈夫やろ

デスクワーク症候群を防ぐ為のオフィスで出来るストレッチ

なんだかもう、書きながら
「これ、脅しみたいな内容だな」
と自分でも思いましたが、

簡単に言うと、首への負荷を
減らせばいいだけ
です。

どうしようもないことでは
ありません。

日常生活で体への負担がある
のであれば、それを毎日できるだけ
減らすことが大事です。

その為には、睡眠や入浴で
体をしっかり休めるというのが
大前提として、今回はオフィスでも
簡単に出来るストレッチを
ご紹介させていただきます。

首のストレッチ

うつむき姿勢が長いという
ことは首の後ろの筋肉の
固さを生みます。

では、ストレッチではその
逆に前を伸ばしていきましょう。


座った状態で・・・

顎の下で両手を合わせ
そのまま顎を持ち上げるように
挙げていきましょう。

注意点としては、この動きで
痛みが出る人は多いため
ご自身の可能な範囲内で
構いません。

首のストレッチその②


座っている状態で横を向きます

この三角の部分に注目です

三角の隅の画像のの部分に
更に注目です

そこをゆっくりと反対の手で
押し込んでいきましょう。
これだけですが効果は確かです(^-^)

首のストレッチを2つ紹介
させていただきましたが、
首を下に降りると当然背中があります。

首の痛みのある人はほぼほぼ
肩甲骨周りも痛みがあったり
筋肉が固かったりします。

そこで、こんな体操を
してみてください。

肩甲骨の上下体操


両手でWになるように脇を閉めます

そのまま頭の上まで両手を挙げていきます

 

・・・これだけですが、何か?

いえ、これだけの運動ですが
肩甲骨を上下させることで
当然その周囲の筋肉が緩まります。

肩甲骨の開閉体操

今度は肩甲骨を上下ではなく
前後に開閉していきます。

座った状態で手を胸の前で
合わせます(画像は立ってますが・・・)

そのままお腹を引っ込めます。
手を前から引っ張られている
イメージでやってくださいね。

 

須磨区鷹取はくの接骨院の首の治療

須磨区鷹取はくの接骨院に来られる
患者さんにも、デスクワークでの
首の痛み・肩こり・腰痛の方は
多くいらっしゃいます。

デスクワーク症候群では主に
痛みが出るのは首だと説明させて
いただきましたが、

どんな姿勢でも同じ姿勢が長く
続くというのは体全体の
流れの悪化を生みます。

 

須磨区鷹取はくの接骨院では
痛む場所だけの治療という
わけでなく、体全体のバランスを
整えていく治療をさせていただきます。

 

デスクワークでの首の痛み・肩こり
頭痛・腰痛でお困りの方は
是非一度ご相談下さい!
神戸市須磨区はくの接骨院 予約フォーム
須磨区鷹取はくの接骨院 施術風景

 

 

関連記事  右腕のしびれの改善例(男性 60代)