クッションを置いて腰痛が改善する本当の理由

2019年1月11日

デスクワークなどで腰痛対策として椅子にクッション
置くという方法があり、
実践されている方も多いと思いますが・・・
(車のシートにクッション・座布団などを
置いてる人も多いですね)

意外と【なぜそれで改善するのか?】
ということを把握されている方は
少ないように思います。

その理由を知ることで、今後更にその効果を
高めることができますよ(^-^)
神戸市須磨区はくの接骨院 腰痛

腰痛対策にクッション、その意味は?

イスに座っている状態というのは、
実は腰~骨盤周りへの負荷は
”立っている状態で荷物を持ち上げること”
同じぐらいの負荷がかかると言われています。

腰痛とかぎっくり腰は、
重い物を持った瞬間グキッ!!とくるイメージが
強いかと思いますが、実は座っている状態が
続くことも、それと同等の負荷なんですね。
(ちなみに、座ったままで前かがみになると
更に負荷は増します)

クッションを置く効果は、それらの負荷を
軽減させることが期待できます。

それがまずひとつです。

クッションを置くことの本当の効果

実は、こっちの方が私としては大きな意味が
あると思っているのですが、クッションを
置くことで股関節~骨盤の不安定さを
なくすことが期待できる
んですね。

腰痛になる方で多いのは、その骨盤周りの
不安定さなんです。
腰痛防止や腰痛になった人がコルセット(骨盤ベルト)を
付けるのは骨盤の不安定さを無くすという、
同じ目的です。

ということから、もしクッションが無い状態でも
ご自身で意識して骨盤を立たすようにして
あげることで腰への負荷を減らすことができます。

是非、お試しください。
神戸市須磨区はくの接骨院 骨盤矯正

それでも、腰が痛い・不安だと言う方は・・・

神戸市はくの接骨院では、あなたの骨盤を正しい位置に
戻せてしかもその正しい状態をずっと維持できる
機械と全身を整えていく整体があります。

クッションを置くなどでの負荷を減らすことは
出来てもそれがずっと続いてしまうと、
やはり腰への負荷はかかります。
それらはやがて痛みとして現れてきます。

そんなのは嫌だ!!という方は、
是非神戸市はくの接骨院にご相談下さい。

ホームページからネット予約も受け付けております(^-^)
神戸市須磨区はくの接骨院 腰痛が治った患者さん