薬を使わずに肩こりを改善させる方法

2019年1月12日

肩こりがあり、に頼る・・・という方も
いらっしゃるかもしれません。
特に忙しい方はなかなか整体や整骨院、温泉など
自分の身体をケアする時間を持てず
塗り薬や
飲み薬で肩こりを改善させることも。

ここでは何も「ダメ!うちに来なさい!!」とか
言いたいわけではなく
それでもやっぱりに頼らず
肩こりを改善できることがベストだとは
思いますので、

今回はそんな肩こりの改善策についてのお話です。
神戸市須磨区はくの接骨院 肩こり

そもそも薬で肩こりは改善するのか?

これは正直、かなり個人差があると思います。
飲み薬・塗り薬・貼り薬などいろんなものを
使用されているけど
「こんなの気休め」と
言われる患者さんを何人も見てきました。

ただ、それは私がこういう業界で働く中での
意見なので
もしかしたら、薬がすごく効くので
「整骨院に行く必要はない」と
思われている方も
多いのかもしれません。

本当のところどうなの?

と言いますと、薬というのは痛みを押さえつける
ための「対処療法」
と呼ばれるものになります。
簡単に言うと”臭いものに蓋をする”ようなものです。

ですので、その結果薬ですごく肩こりが楽になって、
ストレスが無くなったり
日常生活を過ごしやすく
なるという方もいれば、
「こんなの気休め」
程度にしかならない人に分かれると思います。

肩こりの本当の原因

肩こりだから、肩をもむ。それはずっと昔から
やってきたことだとは思いますが、
それで肩回りの血流が良くなり改善した気が
するのもいわゆる「対処療法」になります。

ほとんどの場合本当の原因は、
そこにないんですね。

では、肩こりの本当の原因で一番多いもの、
それは腕であり肩甲骨です。
当院の治療はどんな人でも全身の筋肉を
調整していきますが、
腕の筋肉の調整をした時に
相当腕が張っている人、本当に多いです。

しかも、多くの人はそれをされるまで
気が付いていない
んですね。

試しに、背中で手と手を合わせた合掌が
できるでしょうか?
肩甲骨の動きが悪いと
これができません。

現代人は自分で思うよりも腕を酷使しています。
車の運転・スマホ・パソコン・デスクワーク・
家事・ゴルフ・育児など
挙げるとキリがありません。

何故、腕の疲労と肩こりが関係あるのか?
腕は肩甲骨と繋がるからなんです。
神戸市須磨区はくの接骨院 痛み止め

薬を使わず肩こりを改善させる方法

ここまで読んでいただいた方にはもうおわかり
かもしれませんが、
肩こりを改善させるために
薬も使わず自分で行える方法、
それは腕~肩甲骨を
大きく動かしてあげることです。

自分で出来るなら、湯船に浸かりながら
腕をマッサージしても
いいかもしれません。

肩回し運動なども、20回ぐらいすると
血液循環が良くなり身体が
ポカポカしてきますよ(^-^)

まとめ

薬によって肩こりが楽になる人・ならない人、
それには
個人差があります。

肩こりでお悩みの方で一番多いのは腕~肩甲骨の
筋肉の緊張・
動きの悪さがあるためであり、
薬に頼らずに肩こりを改善
したいという方は
まずは積極的に腕~肩甲骨を動かしていきましょう。

それに最適な運動は当院まで
お気軽にお尋ねくださいね

神戸市はくの接骨院へは須磨区だけでなく
垂水区・灘区・北区・明石市からも肩こり
お困りの方がいらっしゃいます。

飲み薬・塗り薬・貼り薬でなかなか楽にならない
方は是非一度神戸市はくの接骨院へお越し下さい。

 

今日もブログをご覧いただき

本当にありがとうございましたm(_ _)m