低反発マットレスで腰痛になりますか?はい、なります。

2019年1月12日

低反発マットレスやソファーで寝ていて結果、腰痛
なったという方は
少なくありません。

 ついついうたた寝をしてしまった・・・

ソファーで横になったら寝ていた・・・

そういうの、気持ち良いですもんね(^^;
気持ちはすごくわかりますが、腰痛の方は要注意です。
神戸市須磨区はくの接骨院 腰痛 辛い

なんで低反発マットレスで腰痛になるの?

原因としてはいくつか挙げることができますが
まず、低反発マットレス=身体が沈みます。
沈んだ部分に重さが集中してかかります→腰痛

身体が沈むということは動きが悪くなり
寝返りの回数が減ります。
ソファーや狭いとこで寝ると寝返りの
うてない状態になることも
あるかもしれませんね。

寝返りの回数が減る→同じ場所に負荷がかかり続ける→
特に
背骨には内臓の重さの40%が負荷としてかかると
言われています→腰痛

どんなマットレスなら腰痛にならないの?

上で挙げたのは低反発で体が沈むマットレスでした。

では、固いマットレスなら大丈夫なのか?
というと
薄くて固すぎるものも良くありません。

あまりに固いと仰向けになった時に
肩甲骨や骨盤の後ろに
体重がかかりすぎて
しまうんですね。

ポイントは、【体重(体圧)のかかり方】なんです。

マットレスを選ぶ際は【柔らかすぎない】
【固すぎない】ものを
選ぶようにしましょう。

現在、別にマットレスではなくても朝起きた時に
腰の痛みが強く
なってしまうことがよくある方は
ひょっとしたら寝具が合っていない
可能性があります。

今日のブログを参考にしていただいて
寝具選びを見直してみてください(^-^)

まとめ

 世の中なんでもそうですけど、結局【○○すぎる】
ということはあまり
良いことはないですよね。

食べ過ぎ・寝すぎ・働きすぎ。
マットレスで寝ることで腰痛は誘発
されやすいですが、長時間よりも
短時間ならまだ痛みの量が少ない
可能性が高いです。

 寝具に関係なく、寝返りが少ないことで
腰痛を起こしやすい人(朝起きた時
痛い人)は
寝る前に全身のストレッチをしてあげる
だけでも肩関節・股関節の
動きを作ることができ、
寝返りを増やす効果が期待できますよ(^-^)

痛みが強く、仕事や家事もままならない、
という方は当院でしっかりと
治療させて
いただきますので、
お困りの方は神戸市はくの接骨院
お越しください(^-^)

神戸市はくの接骨院には須磨区だけでなく
垂水区・中央区・西区・明石市からも
患者さんがいらっしゃいます。

整形外科や他の整骨院で腰痛が治らなかったと
諦めず、是非一度当院へお越し下さい。
神戸市須磨区はくの接骨院 腰痛治療