膝の痛みをストレッチで劇的に改善させる方法

2019年12月7日

膝が痛い状態をストレッチで改善
しようとする。
それ自体は間違っていません。

しかし、膝が痛いからと言って、
膝の周りばかりに目が行きその部分を
なんとかしようとする。

それではあまり膝の痛みの改善は
見込めません。

(当然、膝自体に問題がある場合も
ありますが)
神戸市須磨区はくの接骨院 膝の痛み

多くの人が膝痛で見落としていること

一言で膝が痛いと言っても、
その理由・原因は多すぎますので
今回は骨の異常ではなく筋肉が原因
となっている膝痛のお話ですが、

膝は、ふくらはぎ・ふとももの間にあります(当たり前ですが)

では、ふくらはぎ・ふとももの先にあるのは?

足首・股関節・・・ですね。

もっと言えば腰まで影響がありますし、
腰は首まで影響があるんですが・・・
それを言い出すとキリがないので(^^;

とにかく、膝が痛いといっても足首~股関節まで
全ての関連があり当然ながら、脚全体の
表も裏も関係しているということです
(ここ非常に大切です)

膝の痛みに有効なストレッチを考えてみましょう

そもそもストレッチというのは
筋肉を伸ばすことだけではなく
筋肉を柔軟にすることで
関節の動きを出していく

ことが大切になります。

人間の体の構造上、身体を支えているのは
お腹側よりも背中側なんですね。
無意識に前に倒れてしまわないように
踏ん張っているわけです。

そのため、腹筋は日常生活で
ほとんど使われませんが背筋は
身体を支えるために使われっぱなしなんです。

それが、下半身にも言えるんですね。

では、膝の痛みに有効なストレッチを
しようと思うと、やはりふくらはぎ・ふともも
ストレッチが有効になってきます。

須磨区鷹取はくの接骨院に膝の痛い患者さんが来たら・・・

須磨区鷹取はくの接骨院はすべての方に対して
全身のストレッチ的効果のある施術をし
膝の痛みを訴える人には、
股関節の矯正・トレーニングをしたり
ストレッチボードという台に乗ってもらうだけで、
ふくらはぎをしっかり伸ばせる台を
利用しています。

どんな痛みも、まず身体の動きを
正常に出していくこと。
それが非常に大切になります。

電気やマッサージで膝の痛みが
改善されない方は是非一度ご相談下さいね。
神戸市須磨区はくの接骨院 膝の治療

当院では無料相談も受け付けております

 ネット予約もできますので、是非ご利用下さい!

関連記事  「背中が痛い!」という人が放置してはいけないこれだけの理由(原因と対策)