頭痛薬に頼らない生活を手に入れたいあなたへ

2019年1月12日

 頭痛薬を常用されている方も多いのではないのでしょうか?

その中でも「できれば飲みたくない」と
思われている方が
ほとんどではないかと思います。
え、当たり前ですね(^^;

無いと不安

・ちょっとしたことですぐ薬を飲んでしまう

・だんだん飲む回数が増えてきた

そうおっしゃる方も神戸市はくの接骨院へ来られた
患者さんでも
多くいらっしゃいます。

15歳以上の日本人のうち、実に3人に1人が
【頭痛持ち】でその数約3000万人が頭痛で
悩んでいると
言われています。すごい数です。

神戸市はくの接骨院の頭痛治療

当院で行う頭痛治療といっても、
特に頭や目回りを温めたりマッサージするような
ことはしません。

頭痛持ちで頭痛に困っていると言われても、
他の方と
違う施術をするわけではありません。

しかし、私は頭痛治療に自信がありますし、
当院に来られ、「頭痛薬を飲まなくなった」
「飲む回数が格段に減った」と喜ばれる方は
多くいらっしゃいます。
神戸市須磨区はくの接骨院 快適

頭痛の原因を知る

一般的に血管が拡張しておこるのが偏頭痛

血管が収縮しておこるのが緊張型頭痛

言われています。
しかし、血管が拡張する理由・血管が
収縮する理由として
考えてみると、
ストレス・寝不足・寝すぎ・ホルモンの変動・
疲労・光、音などの刺激・姿勢・etc

と、ずばりこれだ!!という理由はないんですよ。

いろんな要素が混ざり合っての結果なんです。

では、どうすればいいのか?

「体全体の状態を正常にしてあげる」ということで、
しっかり全体の筋肉バランスを整えていく
神戸市はくの接骨院
治療が
お役に立てるというわけです。

セルフで出来る頭痛ケア

頭痛外来に行ったことがある方は
自分の頭痛について
わかっておられる
かもしれませんが、

果たして「自分の頭痛は偏頭痛なのか?
緊張型頭痛なのか?」と
わからない方も
多いと思います。双方どちらもある
パターンもあります。

偏頭痛が【血管が拡張することで出る頭痛】

緊張型頭痛が【血管が収縮することから出る頭痛】

ということから、
まず冷タオルと温タオルを用意して
首の後ろに当ててみましょう。

冷タオルで頭痛が楽になれば偏頭痛

温タオルで頭痛が楽になれば緊張型頭痛

と考えることができます。
神戸市須磨区はくの接骨院 痛み 辛い

まとめ

頭痛の原因としては様々であり
複合的な理由が混ざって
いることから、
これだ!という解決法がない分

「全体的に身体のバランスを整えてあげる」
ことが
大切になります。薬に依存して
しまっている人でも、上記2つの頭痛で
お困りの方は神戸市はくの接骨院

力になれますのでお気軽にご予約下さい。

ご自身で出来るケアとしては、
まず自分の頭痛が何なのか知ること。
そして、健康においてすべてに言える
ことですが
睡眠・食事・適度な運動は
やはり欠かせません。

少しずつ、身体を変えていきましょう(^-^)

神戸市はくの接骨院には須磨区だけではなく
灘区・長田区・中央区・明石市からも
患者さんがいらっしゃいます。

あなたの頭痛を諦めてしまわず、是非一度
当院へお越し下さい。
神戸市須磨区はくの接骨院 頭痛治療