肩甲骨はがしで肩こりが解消されないあなたへ

2019年3月4日

”肩甲骨はがしが肩こり解消に有効だ!”
という文面を
テレビやネット、雑誌などで
ご覧になったことがある方や、
既に実践されて
いる方もいらっしゃるかもしれませんね。

肩甲骨はがしというのは、本当に肩甲骨を
はがしてしまう
わけではなく(当たり前だ)

肩甲骨を動かしてあげること。肩甲骨周りの
ストレッチのことを言います。

なぜ、肩甲骨はがしが肩こりに有効なのか?

筋肉の話になりますが、肩こりを感じる時は主に
僧帽筋だったり肩甲挙筋という筋肉の硬さが
ある
状態なんですね。(↓画像参照)

画像引用:

http://d-hayashi.com/newpage14.html

ということは、肩甲骨の動きの悪さは
肩甲挙筋および
僧帽筋の硬さを生む
ということになります。

逆もまたしかり、肩甲挙筋と僧帽筋の硬さが
肩甲骨の動きの悪さを生むということになります。

ということから考えると、肩甲骨はがしというのは
肩甲骨の動きを出すものなのでそれによって
肩こりが改善するというのは非常に理にかなった
方法ということです。

関連記事  マッサージより筋トレで改善できる肩こりもあります

肩甲骨はがしで改善しない肩こり・・・なぜ?

肩甲骨はがしが肩こりに良いという説明をさせて
もらい
ましたが、しかしこれ、誰もが同じぐらい
肩甲骨が
動くのか?というと当然個人差があります。

私も日々、施術の中で肩甲骨を動かす手技をしますが

・猫背の人

・背中の肉付きが良く、さらに筋肉の緊張が強い人

以上の方は特に、肩甲骨の動きがよろしくありません。

たとえ話をすると・・・

トンネルを掘っているとします。

トンネルの入り口から出口までの距離は同じとします。

途中から掘り始める人

トンネルの入り口から掘り始める人

どっちが先にトンネル開通するかと言えば
途中から掘り始める人ですよね?

これを肩こりに置き換えると
前者が元から肩甲骨がよく動く人
後者が元から肩甲骨の動きが悪い人
ということになります。

つまり、動きの悪い人というのは、どうしても
正常な動きを取り戻すのに時間がかかる
ということですね。

それゆえ、「肩甲骨はがししても変わらないんですけど!」
ということになっているのかもしれません。

まとめ

その他、肩甲骨はがしで効果を
感じれないというケースは

・そもそも肩回りに肩こりの原因がない人

・動かし方を間違っている人

ということが考えられます。

神戸市はくの接骨院の施術では肩甲骨と
大いに関係のある
腕も含めて全身の施術を
させていただきますし、
肩甲骨の動きの
悪さは更なる姿勢の悪化を呼び込む
可能性があることから、どんな症状の方にも
肩甲骨の動きを出すような施術をしています。

なかなか自分では正しいやり方がわからない人
テレビで見たけどいまいち合っているのか
わからない人は
是非一度ご相談下さい。

神戸市はくの接骨院には須磨区だけでなく
垂水区・灘区・北区・明石市からも
患者さんがいらっしゃいます。

整形外科や他の整骨院で痛みが改善
しなかったからと諦めず是非ご相談下さい。
神戸市須磨区はくの接骨院 肩こり治療