75歳でも嘘みたいに姿勢が改善した方をご紹介します

2019年12月7日

姿勢の改善を諦めている人も多いとは
思います。

だって、何をどうすればいいか
わかりにくいですよね。

個人で出来ることと言えば
・胸を張るようにする
・下を見ないようにする

などがパッと思い浮かびますが
果たしてそれってその時だけ
しか良くならないんじゃ?

と、私自身もそう思います。

姿勢が悪い=何が悪いのか?

姿勢が悪くなってしまう原因がわからない
ことには、改善させる方法もわからない
ですよね。

一言で「姿勢が悪い」と言っても
猫背・フラットバック・反り腰と
前後のバランスの悪さもあれば

右寄り・左寄り

かがむと右に寄る・左に寄る

と、様々です。

では、何故姿勢は悪くなってしまうのでしょうか?

姿勢の悪さは一体何の悪さなのでしょうか?

答えを言うと、姿勢の悪さは
体の筋肉バランスの崩れです。
(側弯症など例外もありますが)

悪い姿勢でいることで、その
崩れた体のバランスが悪いままの
蓄積によって、
それが定着してしまったという結果が

現状の姿勢です。

ではここで、下のイラストを見て
いただきましょう。

須磨区鷹取はくの接骨院 悪い姿勢

「この姿勢は全て、歪みを作る姿勢です」
書いてます。

いや、普通にやってるでしょ。
私もこの中のいっぱいやっていると
思います。

しかし、ここで大切なのは
それをほったらかしにしない
ということです。

だいたい、悪い姿勢の場合それが
続くと痛みやダルさが出てくる
んですね。

一見楽に見えるようでも、
悪い姿勢というのは体のバランスが
崩れているということなので。

自分の姿勢を調べる方法

では、自分の姿勢は現在
どうなっているのか?

猫背・反り腰など
前後のバランスの悪さは自分で
調べることができます。

須磨区鷹取はくの接骨院 姿勢分析

画像引用元:

図のように壁に背中を当て
立ってみます。

そこで腰の後ろに手を入れてみて

手が入りにくい・ギリギリ→猫背
拳一個以上スポスポ入る→反り腰

ということがわかります。

姿勢の悪さをどう治せばいいのか?

姿勢の悪さ=筋肉バランスの悪さ
ということを上記しましたが、

ではなぜ、筋肉バランスの崩れが
起こるかというと、悪い姿勢の
蓄積によって骨盤が前後どちらかに
倒れてしまうことが原因になります。

 

ためしに、イスに座っている状態で
骨盤を立てるように意識してみて
下さい。

胸を張るよりも楽に綺麗な姿勢に
なれていると思いませんか?

骨盤の上には当然上半身が乗っているので
骨盤の前後の歪みが、上半身の歪み
として猫背・反り腰を生みます。

骨盤を治して姿勢が改善した方のご紹介

↓この方、今年で75歳になります。
もうずっと若い頃から右への傾きが
あったそう。

この方は当院の骨盤トレーニングと
全身整体を週1で約半年続けて
ここまで綺麗な姿勢になりました。

正直、私が一番驚きました(^^;

75歳であれど、骨盤~全身のバランスを
整えるということがいかに大切か
再確認させていただきました。

Before

須磨区鷹取はくの接骨院 姿勢分析

After

須磨区鷹取はくの接骨院 姿勢改善

ということで、神戸市はくの接骨院では
ここまで姿勢を改善することが
できます。

言わずもがな、姿勢の改善=痛みの改善
そして再発予防に繋がります。

ご自身で気を付けるということも
もちろん大事なことですが、
まず当院ではしっかりと姿勢分析から
させていただきますので

ご希望の方はお気軽にご相談下さい。

関連記事  私がぎっくり腰の患者さんを1回で劇的に改善させた方法