肩こりがマッサージで悪化する本当の理由

2019年1月12日

肩こり状態の人がマッサージを受け続けると・・・
改善どころか悪化する
可能性があります。
「そんなバカな!?」
と思われるかもしれませんが。

この場合、何をもって【改善】と呼ぶのか
人によって違うのかも
しれませんが、

「とりあえず軽くその時だけでも軽くなったらいい」
という方は
それがその人にとっては
【改善】なのでいいのですが

神戸市はくの接骨院は、痛みの改善だけでなく
また痛くならないための予防も
合わせて目指しているので、
軽くなるだけの状態を
【改善】とは呼びません。

そもそも肩こりって?

肩こりという言葉を一般的に広めたのは
夏目漱石の「門」という
小説だと言われていますが、
そのもっと前の江戸時代の頃から
肩こりの状態を表す
言葉はあったみたいなので、
これはもう相当長い間人間は肩こり
苦しめられている
ということがわかります。

実際、肩こりというのは何が起こっているのか?
というと
肩の筋肉が”短縮”を
起こしているとお考え下さい。
神戸市須磨区はくの接骨院 痛み 仕組み

(写真:晴耕雨折より引用)

↑どちらが硬いか?というと右の方が
硬いしこれ以上縮まない
ですよね?

これを筋肉に置き換えると、筋肉の中には
血管・リンパ・神経が
通っているので、
短縮するというのは当然それらの流れが
悪くなる
ということなんです。

それが
痛みやだるさを生んでいる状態→肩こり
と呼びます。

なぜ、マッサージで肩こりが悪化するのか?

肩こりというのは病名ではなく
”状態”であり”結果”なんです。
「肩が硬くなっている」という結果。

しかし、その結果はをもたらす原因は
肩だけではないんですね。
首も腕も背中も普段の姿勢も動きも
全てが関連しているんです。

ということは、肩こりになったから肩を揉む。
その場は肩の血液循環がよくなり軽くなったと思う。

でも、原因は変わってないわけなので
またすぐ同じ
結果(肩こり)が訪れてしまいます。

しかも強い力で同じ場所ばかり揉んでいると、
そこの筋肉が傷つきます。

肩こり→揉む→筋肉損傷→筋肉修復→肩こり以下エンドレス・・・

この時、筋肉は以前より更にタフになっていきます。
ドラゴンボールで悟空が瀕死の状態で
仙豆を食べると以前より
強くなる状況と似てますね。すみません)

高齢者の方で「うそぉ?」というぐらい
ガチガチの人も
たまにいらっしゃいますね。
神戸市須磨区はくの接骨院 高齢者 辛い

まとめ

肩こりマッサージで余計に悪化してしまう
可能性はあります。
しかしながら、それですっきりして体の軽さは
心の軽さにも
繋がりますのでその時
ストレス解消になったり体が
軽くなったから
運動したり・・・そういう良い流れを
呼び込む
ことにも繋がりますので、

肩こりマッサージは絶対ダメ!!
なんて言うつもりはありません。

ただ、強すぎるマッサージや同じ箇所へ
しつこいマッサージ
その筋肉を
痛めてしまいますので気をつけましょう。

たまに「痛くないと効いてないと思ってました」と
言われることもあるんで書いてみました。

神戸市はくの接骨院では肩こり
方でも肩をひたすら揉むのではなく
全身を整えていく施術をさせて
いただきます。

なかなか改善しない肩こり
諦めず是非一度神戸市はくの接骨院へお越し下さい。
神戸市須磨区はくの接骨院 肩こり 問診