膝の痛みが内側にある時の原因と対策

2019年1月11日

膝の痛みは、内側・外側・お皿と
痛みの出る場所は人それぞれですが
今回は内側の激しい痛みについてです。

 内側の痛みで一番有名なのは
変形性膝関節症ですが一度でも
耳にした
ことがある方も多いのではないでしょうか?
神戸市須磨区はくの接骨院 膝の痛み

変形性膝関節症とは・・・

 変形性膝関節症で痛み出るメカニズムは

 急激な膝への負荷

膝の軟骨の摩耗

滑膜の炎症

腫れや痛み・水が溜まる

 という流れが一般的な流れです。

つまり、最初の原因は膝への負荷
あるわけです。

・普段運動しないのに、急な運動をした

・山登りをした

・運動会などで走った

ということが主に膝への負荷として
あるのですが、
必ずしもそれだけでは
ありません。

私の経験上、変形性膝関節症になる人は
”体重増加と筋力低下の合併”というのが
一番多いのでは
ないかと思います。

膝への負荷と筋肉の関係

変形性膝関節症の発症原因として
”膝への負荷”があると
述べましたが、
ではその負荷から膝を守るには
どうすればいいのか?

動かす・筋肉をつける

自分で守ろうと思えばその2つは欠かせません。

よくある勘違いは
「自分はよく歩くからそれが
筋トレになっているはず」
と思われること。

残念ながら、ウォーキングにはほとんど筋力強化の
効果はありません。筋肉を増やす=肥大させるためには
負荷をかけた
トレーニングが必須になります。
神戸市須磨区はくの接骨院 登山

まとめ

とにかく、変形性膝関節症になり歩くのが
大変だという状態になればまずは膝への
負荷を減らすこと。痛みが出る動作をしないことです。

 炎症が収まれば動かせる範囲の拡大も
望めますし
歩きやすくもなります。

 整形外科や病院で自分の膝の状態を
画像診断してもらうことも大事です。

 炎症があれば水が溜まることに繋がりますしまず、
専門医に診てもらいましょう。

 神戸市はくの接骨院では膝への負荷をかけない
状態でのトレーニングも
取り入れていますので、
痛みの治療だけでなく再発予防もできます。

神戸市はくの接骨院は須磨区だけではなく
垂水区・長田区・灘区・北区・明石市からも
患者さんがいらっしゃいます。

整形外科や他の整骨院で改善しないからと諦めず、
是非一度当院にお越し下さい。

全力で治療させていただきますm(_ _)m
神戸市須磨区はくの接骨院 膝の治療

 

関連記事  子供が「膝が痛い」と言った時に絶対にやってはいけないこと