知っておきたい坐骨神経痛の原因と対策

2019年1月11日

坐骨神経痛の方でよく言われるのは
「最初は腰が痛かっただけだけど、徐々に
お尻から足まで痛みが出てきた」

というケースがあります。

徐々に痛みが移動していくので、
なおさら不安ですよね。
放っておくと、痛みのせいで歩きにくく
なったり
しびれが出たり、痛みが
更に強くなってしまうことも・・・

坐骨神経痛って何?

坐骨神経痛というのは、上に書いたように
お尻から足にかけて
痛みやしびれが出る
状態のことを言いますが、

これもまた「そうなる原因」が
一つではありません。

神戸市須磨区はくの接骨院 坐骨神経痛

(画像:https://stretchpole-blog.com/symptoms-of-sciatica-11238 より引用)

腰から足にかけて痛みやしびれが出やすいもので
症病名がついているものとしては

・腰椎椎間板ヘルニア

・腰部脊柱管狭窄症

・腰椎分離症・すべり症

・梨状筋症候群

などが挙げられますが、それらどれでもなく
具体的な原因がわからないこともあります。

また、マラソン選手などに多かったり
婦人科疾患から
起こることもあります。

原因がわかる坐骨神経痛は1~2割

腰痛などもそうですが、結局直接の原因がこれだ!!
言い切れるものの方がはるかに少ないです。

その理由は、坐骨神経痛が起こる原因が
わかっていても
その痛みやしびれを引き起こしている
原因は
骨格・筋肉・靭帯・関節などすべてが
複合的な理由に
なっており、それは画像診断や
検査ではなかなか
特定できないからです。
神戸市須磨区はくの接骨院 足のしびれ
(画像引用元:整体院ありすけ)

まとめ

 坐骨神経痛は原因の特定が難しい
症状ではありますが、
しかし、不安に思う必要はありません。

よっぽど痛くて歩けないという方は
しっかりと
画像分析してもらったり、
最悪手術が必要になる場合も
ありますが、
多くの坐骨神経痛は原因不明で

原因不明=身体の全体のバランスが悪い

ということです。

当院でも、整体と矯正とトレーニングを
合わせて
行なうことで、坐骨神経痛の方は
ほぼほぼ改善されています。

まず、今の生活での動き・姿勢に気を付けること。
今よりも少しだけでも意識して
体を動かすようにしましょう。

坐骨神経痛でお困りの方で具体的に
どんな風に体を動かしていけばいいのか
わからない方は、神戸市はくの接骨院では
自分で出来る運動やストレッチの指導も
させていただきますので

是非一度、ご相談下さい。
神戸市須磨区はくの接骨院 坐骨神経痛予防