こむら返りの本当の原因は〇〇だった!

2019年1月11日

こむら返りにはよくなるけど、いまいち原因
わからないという方も多いのではないでしょうか?

あれ、本当に痛いですよね。
一回なると数日間は
足に力を入れると
痛かったりして。。。
あれで目が覚めた時の不快指数は計り知れません。

原因としてよく言われるのが

・水分不足

・冷え

・足の疲れ

などが一般的にも言われていることでしょうか。
当院に来られる方でもこむら返りでお困りの方は
多いですが・・・ほぼ全ての方がそうなる原因
わかっていない状態です。
神戸市須磨区はくの接骨院 こむら返り

こむら返りの本当の原因は?

・・・・実は、これまだ【これだ!】という理由は
解明されていないんですよ(おい!)

ですが、自分の経験や教えてもらったことから
考えていくと”脳の誤作動”だと考えることができます。

脳の誤作動・・・?

つまり、こむら返りというのはふくらはぎの筋肉が
急激に収縮した状態になるわけですが、
筋肉に「伸びろ!縮まれ!」と命令しているのは、
脳なんですね。

その脳が誤作動を起こして必要以上に
ふくらはぎの筋肉を縮めてしまう。

その誤作動を起こしているのが、
水分不足、
ミネラル不足足の疲労の蓄積・
静脈瘤・足の冷え
というきっかけによって
なるのではと考えられます。

こむら返りの具体的な防ぎ方

きっかけは色々なパターンが考えられるといえども、
こむら返りになる人というのは、ふくらはぎの硬さが
ある方が、多いです。

ふくらはぎは第二の心臓と言われているのを
ご存知
でしょうか?

心臓から出た血液を足から逆に心臓へと戻す
働きを
するのがふくらはぎなんですね。

ということは、ふくらはぎが硬い人というのは
全体的に血液循環がよろしくないと考えられます。
全身へ戻す力が弱まっているので。

ということは、全身の筋肉のバランスを
整えてあげて
血液循環を正常にしてあげれば、
それだけでふくらはぎへの
負荷を減らせますし、

実際に当院に来られ継続して治療を受けられた
患者さんで
「そういえば、長い間こむら返りになってない」
言われることが多いです。
神戸市須磨区はくの接骨院 下半身 治療

やはり、大切なのは足だけじゃなく、
全身を整えていくことということですね。

 神戸市はくの接骨院へは須磨区だけでなく
垂水区・西区・北区・灘区からも
患者さんがいらっしゃいます。

しつこいこむら返りでお困りの方は
是非一度ご相談下さい。