あなたの肩こりが病院で改善されない理由

2019年1月11日

肩こりになって病院に行く人はあんまり
いないかもしれませんが、
「痛み止めを貰いに行く」という方はたまに
見かけます。

 肩こりの原因にはいろいろありますが、
病院に行って改善する肩こりがあるとすれば

 「内臓疾患が原因になっている肩こり
ということになります。

内臓疾患が肩こりに関連してくるものとしては
心臓・肝臓・胃・肺など多くあります。

なかなか肩こりが慢性的になっている人には
見分けづらいかもしれませんが、内臓疾患の場合は
肩こりだけでなく背部痛・胸痛・めまい・頭痛・動悸・息切れ

なども併発することが多いので思い当たる方は
速やかに病院を受診しましょう。
神戸市須磨区はくの接骨院 肩こり

病院での肩こり治療

肩こりを診てもらおうと病院に行き、
骨や内臓に問題がない場合
一般的には電気をしたり薬や湿布を
処方される
ということが多いと思います。

では、これで何故治らないのか?というと
それらは対処療法と言い、痛みを押さえつける
行為になっているからです。

「臭いものに蓋」と言うとわかりやすいでしょうか。

とりあえず、その時楽になればいい!という方は
それで問題ないわけですが・・・
神戸市須磨区はくの接骨院 病院と肩こり

神戸市はくの接骨院での肩こり治療

ここにも書いていますが当院は
その場の痛みの改善だけでなく、
それを再発させない身体作り
目的としているので、

その時だけではなく、

今後もう肩こりで困りたくない!痛い思いしたくない!
という方には是非体験していただきたいと思います。

肩こりと言えど、原因は様々であり
肩だけを診ていても治らないことも多いです。

神戸市はくの接骨院ではしっかり全身を診て
原因を追究した上で
施術させていただきますので、
安心してご来院下さい(^-^)
神戸市須磨区はくの接骨院 肩の治療