【高血圧】血圧を下げれるおすすめのドリンク4選!!

今回は血圧を下げる効果がある
飲み物をご紹介します。

高血圧対策だけでなく、そもそもの
健康やアンチエイジング効果もあるので
是非、参考にしてみてください。

トマトジュース

”トマトが赤くなれば医者が青くなる”

なんてことわざもあるぐらいに
トマトの健康効果は高く、

ビタミンC
ビタミンD

が豊富であり、血管の老化を防いでくれる
効果があります。

また、有名なリコピンは抗酸化作用も強く
リコピンにも血管を強くしてくれる働きが
あります。

トマトはもちろんそのまま食べても良いの
ですが、ジュースにすることでリコピンの
吸収力が高まるので、血圧を気にされる方は
ジュースで摂るようにしましょう。

また、トマトは脂溶性なので血圧を下げる
効果があるえごま油・アマ二油・オリーブ
オイルと一緒に摂ると効果がアップします。

緑茶

緑茶ポリフェノールのカテキンの働き

・動脈硬化予防
・血圧・血糖値抑制
・悪玉コレステロール抑制
・殺菌作用

甘いものを食べる時に、緑茶を飲んだり
するのは、上がった血糖値を抑える
という効果もあるわけですね。

また、緑茶特有の成分テアニンには

・自律神経のバランスを整える
・睡眠のサポート
・うつ病予防・改善

などの効果も期待できます。

体だけでなく、心の疲れにも緑茶は
良い効果があるということですね。

リンゴジュース

トマトに引き続き、

1日1個のリンゴが医者を遠ざける

なんてことわざもあるそうです。

・カルシウム
・カリウム
・鉄分
・食物繊維
などの栄養素が豊富。

血圧を下げる効果のある食事を
DASH食といいますが、その条件として
・カルシウム・カリウム・マグネシウム
・たんぱく質・食物繊維が含まれているもの

ということなので、まさにリンゴはそれにも
当てはまるわけですね。

また、リンゴはミネラルの吸収をサポート
してくれる有機酸が多いので、他の降圧食品と
摂ることでさらに効果が高まります。

抗酸化作用があるリンゴポリフェノールは
リンゴの果肉よりも皮に4倍多く含まれるので
食べる際は、皮ごと食べましょう。

赤ワイン

アルコールはもちろん、適量を守って
いただくことが前提としてありますが・・・

赤ワインのポリフェノールにも
・血液サラサラ
・血管強化
の働きがあり高血圧に有効です。

ちなみに赤ワインの1日の適量ですが
25g(グラス2杯)に抑えることが
ポリフェノールを有効に
する基準値だと言われています。

お酒が好きな人には辛いかもしれませんが
ワインを毎日飲んでいる人は
認知症リスクが4分の1~5分の1まで
低下するといわれているので、
是非、適量でお楽しみください。

動画での解説はこちら↓

 

関連記事  【高血圧】スプーン1杯の〇〇が血圧を下げる!③