【暴露】整体師になりたい方必見!資格や年収までお教えします!

今回は整体師になる方法と、
整体師になると収入はどれぐらなのか?
具体的にご紹介させていただきます。

今の仕事をずっと続けることに不安を
感じていたり、手に職を持ちたいと
考えている方は参考にしてみて下さいね。

整体師には資格がいる?いらない?

整体師になろうと思うと、まず
「資格を取るのか?取らないか?」という
2択で分かれます。

結論をいうと、資格があってもなくても
整体師にはなれます。
どこで働くかによって資格が必要かどうかが
変わります。

施術をする・相手に触るという基準で選ぶと?

国家資格必要

柔道整復師・鍼灸師・あんまマッサージ師
理学療法士・作業療法士

国家資格必要なし

整体師・リラクゼーションマッサージ

という感じでしょうか。
(リラクゼーションを整体と呼ぶのは
賛否両論でしょうけど)

実は整体師というのは自分が整体師だと
言えば、今すぐになれます。

整体院を開くのに、資格はいりません。
(最近では理学療法士・作業療法士の方が
独立して整体院を開くことも多いですが)

では、その二つの違いについてまとめてみます。

資格を持つメリット
・3∼4年をかけて体のことを勉強するので
理解が進む

・相手からの信頼が得られやすい

・働く場所を選べる
(鍼灸師の方が整骨院で働くことも多い)

資格を持つデメリット
・学校のお金がかかる(400万円~500万円)

ぐらいでしょうか・・・

デメリットは正直、これぐらいしか
思い浮かびませんでした。

ただ、実際金額的には非常に大きいし
大きすぎるとも思います。

私は過去にリラクゼーションマッサージを
3年半経験しましたが、そこでは研修段階から
お金をもらっていたので、

金銭的なことで言えば資格がない方が
すぐにお金がもらえるということになります。

結論:資格を取らなくていい?

上のメリット・デメリットを見ていただくと
「じゃあ、技術さえ教えてもらえば別に
資格はいらないんじゃないの?」と
思われるとおもいますが・・・

私の経験談から言わせてもらうと、
リラクゼーションにしても、その道を
登っていこうと思えば、必ず身体の勉強が
必要になってきます。

リラクゼーション時代の自分は研修で習った
やり方でお客さん相手に施術していましたが

そこには
「なんのためにそこを施術するか?」
「なぜこの押し方をするのか?」

という理由がありませんでした。

それが続くと、自分が対応できるお客さんの
幅が狭くなっていきます。

なぜなら、人の身体も、不調の原因も人に
よって様々だからです。

その幅を広げようと思えば、やはり体の
勉強は不可欠になります。

資格についての結論を言うと、

「資格がなくても出来るが
それは自分の限界を狭めることになる」

というのが私の結論です。

なら、自分で勉強すればいいんじゃないか?

という声が聞こえてきそうですが、
座学で学んだことも、実際にリアルな体を
相手にするこの仕事はどうしても自分一人での
勉強ではそれこそ限界があります。

もちろん、座学で学ぶことも重要ですが
様々な人の経験談は一人では得ることが
できません。

そう考えると、学校だけでなく塾や
セミナーなども必要になってきますが
それはここでは割愛させていただきます。

整体師の収入は?

ここは雇われでいるのか、独立するのかで
大きく変わってきますが、

雇われなら・・・月収20~30万円が
相場だと思います。

ボーナスも毎年言われるサラリーマンの
平均80万円とか、そこまで貰えることは
ないと思います。

よっぽど、グループ院の幹部になれば
それぐらい貰えることもあるかもしれませんが
施術者としてはそれほど多くないです。

私はリラクゼーションで働いていたと
上で書きましたが、ぶっちゃけ整骨院で
雇われでいた頃よりリラクゼーションの
方が収入は上でした。

勤める職場によっても差があるという
ことですね。

独立すると・・・

ここはもう、無限の可能性があります。

自分次第でどこまでも伸ばせるし
逆にどこまでも落ちることもあります。

自分一人で始めて、人を雇い、受けれる
仕事の量が増えればそれだけ収入が
増えるのは当たり前の話ですよね。

月商10万円もいかない先生もいれば
数百万円売り上げている先生もいます。

そこは本当に自分次第です。

独立すると施術をしていれば良いわけでなく
経営もしていかなくてはいけません。

そのやり方次第で、収入も変わってくる
ということです。

まとめ

自分の経験から、自分は整体師になるのは
お金をかけてでも資格を取るべきだと
思います。

しかし、それは自由です。
資格がなくとも整体師にはなれます。

技術も知識も学ぶ環境は自分で探せば
いくらでもあります。

そして最後に、整体師の元に来られるのは
痛みを抱えた人がほとんどです。

そんな相手をどうすれば楽にして
あげれるか?

その気持ちこそが整体師になる上で最も
必要な気持ちだと思います。

その気持ちがあるから、より知識・技術を
学ぶし、その結果自己の成長につながります。

動画での解説はこちら↓

 

関連記事  坐骨神経痛の症状の改善例(80代 女性)