【不眠症】2分間で眠れるアメリカ海軍で開発された必殺メソッド

今回は寝ようとしてもなかなか眠れない
という方に、是非試していただきたい
睡眠導入メソッドをご紹介します!

2分睡眠メソッド具体的なやり方

いきなりですが、具体的なやり方を
説明させていただきます。

①仰向けに寝た状態で目を閉じ
ご自身がリラックスできる風景を
思い浮かべてください
(なんでもオッケーです)

②頭皮・おでこ・舌・あご・目の周りの
筋肉を意識して力を抜きます

③力を抜くことを意識しながら眼球を
適当に動かします

④肩の力を抜いたらゆっくり息を吐きながら
胸の力を抜きます

⑤右の上腕・前腕の順に力を抜きます

⑥左腕も同様に行います

⑦骨がなくなったつもりで、右の太もも
ふくらはぎ・足首・足の順に力を抜きます

⑧左足も同様に行います

⑨深呼吸を3回したら、ヒュ~っと音を
出しながら息をすべて吐ききりましょう

以上です。

この睡眠メソッドのポイント

とにかく、すべてにおいて順番に力を抜く
ことが大事です。

かと言っていきなり全身の力を抜くのも
難しいので、腕~足と順番に抜いていって
ください。

力を抜くためにはご自身がリラックスできる
風景を思い浮かべる
と最初に書きましたが
それだけではなく、周囲の音を静かにしたり
暑すぎたり寒すぎたりする状況ではなかなか
リラックスもできないので、その点も
ご注意下さい。

また、これをやる時に「何も考えない」という
のも非常に大きなポイントです。

人間は無意識に1日で6万回も思考をしている
といわれています。

1日で6万回なので、1分の間でも約41回という
ことですね。

悩み事やストレスがあり、それのせいで
うまく入眠できないという人も多いと
思いますが、このメソッドを行う間だけは
何も考えず没頭してみてください。

睡眠が体に必要な理由

普段、当たり前のように毎日している
睡眠ですが、実は健康面においても
めちゃくちゃ大事です。

なんといっても、睡眠することで
疲れた体を修復してくれる効果があります。

ということは、睡眠時間が短くなると
体が修復しきれず次の日、また次の日へと
疲労の蓄積がされてしまうということになり

その結果、慢性的な筋肉疲労や、肩こり・腰痛の
原因にもなります。

また、睡眠が足りていない状態が続くと
・集中力低下・認識力低下・イライラなどで
日常生活に影響を及ぼすだけでなく、
それが原因でうつ病になったりと
良いことはなにもありません。

私自身もうまく眠れない時期というのが
いまだにあり、眠れないことでの焦りや
ストレスを感じる気持ちは非常によく
わかります。

そんな私と同じように寝ることで苦労
されている方には今回のメソッドは
ピッタリだと思います。是非、お試しください!

動画での解説はこちら↓

 

関連記事  頭痛と顎関節症のただならぬ関係