首の痛みから腕のしびれまで出てきたら・・・

2019年1月12日

以前は首の痛みだけだったけど、最近では腕のしびれまで出てきた。
ずっとではないが、たまにしびれがある。
腕を挙げるとしびれを感じる。

それぞれに原因はありますが、まず病名としては

頚椎症

頸椎ヘルニア

胸郭出口症候群

などがあります。
神戸市須磨区はくの接骨院 手のしびれ

首と腕のしびれの関係

なかなか、具体的に病名がつくと
「すごく悪いんじゃないか」と不安に
思われる方も
いらっしゃるかもしれませんが、

たとえば【交通事故にあった】とか【すごい勢いで捻った】
などが無い場合は
一番多い原因としては
姿勢だと
言われています。

その人自身の姿勢だけではなく、ここで言う姿勢は
【日常の中で自分がしている姿勢】が大いに
関係してきます。
デスクワークや
下を向いている時間が長いなどですね。

それで、なぜ腕までしびれてくるかと言うと、
神経の繋がりになります。

神経というのは、脳から体中に張り巡らされているので、
腕のしびれが比較的近い肩~首の筋肉の
硬さの影響を受けてしまうわけですね。

しびれが強すぎる場合

24時間しびれが続いたり、ボタンをかけにくかったり、
軽いものでも持てない
という場合はまず
病院を受診しましょう。
そこで自分の
首の骨(頸椎)がどんな状態なのか
知っておくことが大事です。

当然、骨が変形している場合は手術するしか
無いと言われるかもしれませんが
自分の状態を
知ることで姿勢や動きを気を付けたり
ケアする必要性を感じられる
という
メリットがあります。
 神戸市須磨区はくの接骨院 腕の治療

神戸市はくの接骨院の首の痛み~腕のしびれの治療

上で「骨が変形していたら手術するしかない」と
書きましたが、
痛みやしびれが出ている状態
というのは必ずしも
骨だけではなく筋肉も
関係してくるので、重度でない場合は
当院の施術で痛み~しびれを抑える
ことは
十分可能です。

しびれが出ている状態というのは
筋肉の深い部分が影響してくることもあり
そういう方にはマッサージをしたり表層を
温めるだけではあまり効果は
期待できません。

そんな方には運動療法と呼ばれる患者さん
自身の身体を動かしてもらい
筋肉の動きを出し、
血液循環を活性させる方法を取らせて
いただきますので
まずはご自身で判断せず、
専門医に診てもらいましょう。

まとめ

首の痛み腕のしびれと出ている状態
というのはただの筋肉の疲労や
緊張だけ
ではなく骨や靭帯などが関係していることも
考えられますので
自己判断しないことが
大事です。

日に日に痛み~しびれが強くなっている
という場合は特に早急に
専門医に
診てもらいましょう。

筋肉によるものの場合は湯船に浸かることや
ホットタオルを首の後ろに
当てるだけで
改善することもありますので、専門医に
診てもらった結果
特に異常がない場合は
自宅で出来るそういったケアも有効です。

神戸市はくの接骨院では、その人その人に
合わせた運動・トレー二ング法を
お伝えさせていただきます。

首の痛み~腕のしびれでお困りの方は
是非一度お越し下さい。

 

今日もブログをご覧いただき
本当にありがとうございましたm(_ _)m

関連記事  坐骨神経痛の改善例(男性 50代)