夏のぎっくり腰の原因はまさかの”アレ”なんです

2019年1月12日

この夏は本当にぎっくり腰になったと来院する方が
多くいらっしゃいました。

多くの人がなるということは・・・
多くの人に共通していることがある・・・
と考えることができますよね?

夏のぎっくり腰だけでなく身体の痛みがある人に共通していること

ずばり、

エアコンの使用による外気との温度差です。
神戸市須磨区はくの接骨院 夏とぎっくり腰の関係

 なぜ、エアコンの使用でぎっくり腰になるのか?

ぎっくり腰になってしまった人に共通しているのは
【全身の筋疲労がある】つまり、
【なりやすい身体の状態である】と言えることができます。

まず、エアコンの使用により身体は冷えています。
外気の温度差により自律神経のバランスの乱れがあり、
血管の収縮・筋肉の緊張を生みます。

それが合わさった状態なので、
何も重い物を持つなど腰への大きな負担がなくとも
ぎっくり腰になりえます。
(事実、座っていて立っただけでぎっくり腰に
なったという方が昨日来院されました)

かと言ってエアコンはやめれません

今年の夏は特に暑く・・・
命に関わる暑さだとも言われていますした。
私も家にいる間はずっとエアコンつけっぱなしでした。

私自身、昔はぎっくり腰の常習者でしたが
ぎっくり腰にはなっていません(今のところは)

それは何も、腰に良くないことを
知っているだけではなく足を温めるようにしたり、
足指の体操をしたりと対策をしているからです。

別に整体やマッサージに行っているわけではありません。

ぎっくり腰はなってからなんとかするのではなく
ならないようにするが鉄則です(なったら痛いし)

運動・睡眠・食事など今一度見直してみて
普段から身体への疲労を残さないようにしましょう。
神戸市須磨区はくの接骨院 体の悩み

 それでもぎっくり腰になってしまったら・・・

応急処置としては、腰を温めるのではなく
冷やすようにしましょう。炎症を起こしている場合、
温めると症状が悪化します。

徐々に動けるようになってきたら、
なるべく日常生活範囲の動きを
普段通りにするようにしてください。
安静にしようと寝込むことより
動いた方が早く治ります。

それでもなかなか改善しない時は
是非はくの接骨院にいらして下さい。

痛みが強すぎる人や免疫が無い人は
少し時間がかかりますが、来るときは
腰を曲げてきた人が帰る頃は背中が
真っすぐになっている方がほとんどです。

何より、私自身ぎっくり腰常習者だったので
お気軽にご相談いただければと思います。
神戸市須磨区はくの接骨院 腰痛ストレッチ

神戸市はくの接骨院へは須磨区だけでなく
垂水区、長田区、西区、北区からも
患者さんがいらっしゃいます。

整形外科や病院で改善しなかったからと
諦めず、是非一度当院へお越し下さい。
全身全霊で治療させていただきます!

当院では無料相談も受け付けております

今日もブログをご覧いただき本当にありがとうございましたm(_ _)m